リモートワーク、オンライン採用、副業、ダイバーシティ… 2020年、「サーキュラーHR」でもっとも読まれた記事は?

2020年は、皆さんにとってどんな年でしたか?

新型コロナウイルスの流行により、社会が大きく変化する中で、働き方や暮らし方を見つめ直したも多いのではないでしょうか。

今年1月にスタートしたサーキュラーHRプロジェクトは、2021年1月、1周年を迎えます。

この1年間、「人材ロス」ゼロ社会を目指すというビジョンのもと、サーキュラーHRを体現する先駆者の方々に、貴重な経験談を聞かせていただきました。

この記事では、これまでに公開したインタビュー記事の中でも、特に多く読まれた記事をご紹介します。

年末年始にあらためて読み返してみてはいかがでしょうか?

企業が「セーフティネット」を担う時代の経営哲学~マザーハウス副社長・山崎大祐さんインタビュー

image6

2020年、もっとも多くの方に読まれたのは、マザーハウス副社長・山崎大祐さんのインタビュー記事でした。株式会社マザーハウスは、バングラデシュなど発展途上国発のバッグや革製品、アクセサリーの製造・販売を手がけるファッションブランドです。

マザーハウスが、日本国内で「最低年収300万円保証」をスタートした背景や、「本当はあんまり社外に言いたくない」というHRの方針など、ざっくばらんにお話いただきました。

会社には「スキルを持った個人がアウトプットする場所」「一緒に生きていくコミュニティ(セーフティネット)」という2つの側面があるという山崎さんのお話に、私たちも
学ぶことの多い取材でした。

企業が「セーフティネット」を担う時代の経営哲学~マザーハウス副社長・山崎大祐さんインタビュー

作家活動と会社員。2足のわらじで化学反応を起こす~つまみ細工作家・蒼菊さんインタビュー

image1

つまみ細工作家・蒼菊さんのインタビュー記事も、たくさんの方が読んでくださった記事のひとつです。つまみ細工は、江戸時代から伝わる日本の伝統工芸。小さく切った布をつまんで折り畳み、糊づけすることで、花などの美しい形を作り上げる繊細な芸術です。

会社員として働くかたわら、作家としての活動を続けている蒼菊さんに、これまでのキャリアや、本業と副業を両立するコツを教えていただきました。

蒼菊さんが自ら撮影した作品の写真も、ため息が出るような美しさ。必見です!

作家活動と会社員。2足のわらじで化学反応を起こす~つまみ細工作家 蒼菊さんインタビュー

安心して働ける環境を整えるのが経営者の役割~パレットーク編集長・AYAさんインタビュー

image2

2020年、Forbesの「30 UNDER 30 JAPAN」に選出されたAYA(合田文)さん。LGBTQ+やフェミニズム多様性について、漫画で発信するメディア「パレットーク」の編集長で、株式会社TIEWAの経営者でもあります。

多様なメンバーが集まる組織で、個人のパフォーマンスを引き出すにはどうすればいいのか。「この人は私を軽視しないな」と感じてもらえる接し方を心がけているというAYAさんのお話には、どんな組織でもすぐに活かせるポイントがたくさん詰まっていました。

安心して働ける環境を整えるのが経営者の役割~パレットーク編集長・AYAさんインタビュー

自分のキャリアは自分でつくる。組織と人の新しい関係~弁護士・荒井太一さん×サーキュラーHR・稲葉編集長対談

image7

「柔軟な働き方に関する検討会」委員を務め、厚労省勤務時代には副業解禁を提言した弁護士の荒井太一さん。実は中高時代の同級生というサーキュラーHR稲葉編集長との対談も、注目度の高い記事のひとつでした。

雇用の在り方をシフトしていくには、個人が「自分のキャリアは自分でつくる」という主体性を持つことが鍵になるという荒井さんの言葉に、こんな時代だからこそ、深く共感する方も多いのではないでしょうか。

「企業のメンバーシップ」と「職種のメンバーシップ」のお話など、企業の経営者や人事担当者の方にも、ぜひお読みいただきたい内容です。

自分のキャリアは自分でつくる。組織と人の新しい関係~弁護士・荒井太一さん×サーキュラーHR・稲葉編集長対談

女子サッカーを通じて、社会を変えていく~大和シルフィード・大多和亮介さんインタビュー

image3

今、注目が集まっている女性のプロスポーツ。2021年秋には、日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ(Woman Empowerment League)」が開幕予定です。神奈川県大和市の女子サッカーチーム、大和シルフィードの大多和亮介さんのインタビュー記事も、多くの方に読んでいただきました。

スポーツの世界でも「社会性」が重視されるようになりつつあること、女性アスリートのパフォーマンスを最大化する方法など、スポーツ界だけでなく、ビジネス界で働く女性にとってもヒントになるお話を聞かせてくださいました。

女子サッカーを通じて、社会を変えていく~大和シルフィード・大多和亮介さんインタビュー

どうする?Withコロナ時代の人材採用~コカ・コーラ ボトラーズジャパン 人財開発部長 東由紀さんインタビュー

image5

2021年度の新卒採用にいち早くオンライン選考を導入し、注目を集めているコカ・コーラ ボトラーズジャパン。この記事では、人財開発部長の東由紀さんに、オンライン選考を円滑に進めるポイントや、内定後のケアや研修について教えていただきました。

在宅勤務では、「働きすぎない」「効率的になりすぎない」工夫が必要という東さん。ふだんリモートワークで働いている私たちも、共感しながらお話をうかがいました。

リモートワークやオンライン採用に関心や課題感をお持ちの方に、ぜひお読みいただきたいノウハウが満載の記事です。

どうする?Withコロナ時代の人材採用~コカ・コーラ ボトラーズジャパン 人財開発部長 東由紀さんインタビュー


<まとめ>

いかがでしたか?

サーキュラーHRを体現する方々の言葉の中から、激動の時代を生き抜くヒントを見つけていただければ、とても嬉しく思います。

これまで取材に応じてくださった皆さん、そしてサーキュラーHRのビジョンに共感し、記事を読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

2021年が、皆さんにとってよい年になることを、編集部一同、心からお祈りしています。

※本記事はサーキュラーHRからの転載となります