新人社員が感じた、Warisの良き風土~新人社員研修in福岡レポート~

こんにちは!今年の8月よりWarisにジョインした、大西です。

今回のブログにて取り上げるのは、Waris初の試みである、【新人社員研修in福岡】になります。

Warisからは20代初の正社員である私と、インターンをしている高東さんが参加しました。

研修では、共同代表の河を始めとするWarisメンバーによる、Warisの成り立ちやサービス、そして営業の基礎のレクチャーという豪華コンテンツが実施されました!

“営業経験ナシ”の二人が研修を通して学んだものとは。

そして、研修の最後にはまさかのサプライズも。

内容てんこ盛りの【新人社員研修in福岡】のレポートをしていきます!

海の綺麗な街で行う新人社員研修


福岡県は、海のきれいな街「糸島市」。
新人2人は、徒歩1分ほどで海に辿り着く、糸島の特等席に位置する河の自宅に招待いただきました。

今回の研修では、「Warisの理念/目指す港を理解し、正しくアクションできる状態にする」ことを目的にプログラムが設計されていました。

実施されたプログラムは以下でした。

・Warisの成り立ち/理念/事業計画の座学研修
・営業の基礎レクチャー
・営業ロールプレイング

創業者から聞くWarisの過去/現在/未来


研修初日は、Warisの説明から始まりました。

河を始めとした創業者3人が「女性のキャリアの不自由さ」という課題感を同じくし、自らがその未来を切り拓いていこうという熱い決意から始まったこと。

その決意を、アフリカのソマリアで「砂漠に咲く花」を意味するWarisという言葉を社名に落とし込んだこと。

創業期から変わらぬ情熱をもって、創業者から丁寧に会社説明を受ける機会は、中途社員にとってはとても貴重なのではないでしょうか?

転職活動期にネットで調べたWarisの会社概要+αほどの情報しかもたない私にとっては、Warisの理念や活動方針について、より深い理解へとつながり、改めて身の引き締まる想いがしました。

創業期のエピソードを聞いた後の、現在の状態から今後さらにパワーアップしていきたいというWarisの将来像を聞く時間はより高揚感のあるワクワクした内容でした。

社会の常識が徐々に変わる中で、創業期から大切にしている「女性のキャリア」という視点を重視しつつ、その基盤を生かし、性別・年代問わず多くの人が「Live Your Life」できる社会を作り出していくというものです。

一部の先進的な働き方をしていた方たちが、多様な働き方に挑戦し、さらに成果をあげることによって、現在では”企業に属さない”という選択肢を若くして選ぶということが稀ではない状態となっています。

私は、前職(ゲーム関連業界)での経験を通じて、数年前はフリーランスで活躍する条件であった、大手企業に何年属していたや、専門領域で何年経験がある等の前提条件のハードルが低くなり、その人ならではの実績やアイデアやスキルそのものが価値となる時代が来たということを私は肌で感じていました。

一方で、未だ新卒では名の通った大手企業に就職するといった昔ながらの価値観”に悩まされ、自らの望む働き方や仕事に出会えていない人も多くいるのも事実です。

そうした悩める若者こそ、手助けを必要としており、その担い手となれるのがフリーランスや副業をしている方々に長く寄り添っていたWarisであると考えておりました。

河よりWarisの将来を聞く中で、「Live Your Life」を享受できる人の裾野を広げていくべきという観点で課題感を共有できた、そして何より創業者の想いを肌で感じ対面でお話しできたことは、ジョインから1カ月経った今でも、Warisのなかで自分が進んでいきたい方向へとブレずに突き進める原動力となっています。

数々の企業で高い営業実績を上げたプロから聞く営業のいろは


河からの熱い会社説明を初日で終え、2日目以降は営業初心者である私たちに向けた営業のレクチャータイムが実施されました。

このプログラムを実施くださったのは、数々の企業で高い営業実績を上げ、現在はWarisにてインサイドセールスのアウトソーシング事業を推進している滝谷。

なんと、彼自身がWarisジョイン2カ月目にも関わらず、我々2人の研修担当を引き受けてくださったのです!

このように手厚く、そして心暖かく受け入れてくれるのは、経験豊富なメンバーが多く在籍するWarisならではの良さですね。

事前に作成いただいたトークスクリプトをもとに、営業の基礎となるヒアリング力やスタンスを実践を交えつつ、レクチャーいただきました。

特にこのレクチャーで感じたのは、人材マッチング事業における営業の奥深さでした。

基本的に会社や事業部の中長期計画をもとに人員計画が練られるため、採用活動というのはまさに経営方針と直結するものとなります。

そのため、人材ニーズを把握しに行くためには、まずは先方の経営課題を見つけに行くことが原点となります。

そして、マッチング事業で関わる会社の業界・職種は多岐にわたっており、それらに付随する知識も最低限は武装しておく必要があります。

「これ、やっていけるのか…?」などと不安がる二人を見て、滝谷より、営業は一定経験と慣れが必要なものであるとのお言葉をいただき、「最初からできるわけではないよな~」と怠惰な考え方をしたのは内緒です。

豪華メンバーによる営業ロールプレイング


前半のプログラムを終え、あとは実践あるのみとのことで、営業のロールプレイング研修が設定されていました。

ロールプレイングの相手役を担当いただいたのは、経験豊富なWaris営業メンバーで、滝谷が制作した設定を基に、実際の商談のような雰囲気の中で実施されました。

ロールプレイングが終われば、Waris営業メンバーよりいただいたフィードバックをトークスクリプトに反映をして、次のロールプレイングに望む、を繰り返します。

とても短期間でPDCFAを回していく体験ができました。

また、改善をしていく中で、自らの意思でヒアリングシートを作成し、商談時に必ず聞いておかなければならぬ内容をまとめておいたことは、現在でも非常に役に立っております。

そして、研修のラストに待ち構えていたのは、共同代表の米倉とのロールプレイングでした!

社会人生活で5本の指には入るほどの緊張を感じる中、結果は…

散々でした。

頭が真っ白になってしまって、音を発する壊れた機械のようになっていたと思います。
やはりロールプレイングは苦手だ(紛れもない言い訳です)。

そう思ったところで、米倉からの的確なFBをいただきました!

創業時には自らアポイントを取りに行き、手を動かすことで会社をグロースされていたご経験に基づく、「話さず聞きに徹する時間を作る」ことの大切さを具体例を交えてお教えいただきました。

営業未経験であった私は、「営業=話すもの」という一辺倒な認識をしていたため、自らが話すではなく、相手から引き出す傾聴力というスキルが欠如していたことにようやく気づくのでした。

しかし、これらロールプレイングを通して、自分の特性を把握し、営業に生かせるポイントや注意しておくべきポイントを押さえておくことができたのは非常に大きな収穫でした!

修了証の授与、そして感動のフィナーレ


米倉とのロールプレイングを最後に、4日間にわたった研修合宿が終了しました。

走り続けていたら、あっという間に終わりを迎えていたという印象があったとともに、その分だけやりきったのだという達成感がありました。

たぶん、これも狙いの一つだったのかもしれません。

そんな余韻を楽しんでいる中、河から突然の修了証の授与。

手渡しで証書を受け取るのは、高校の卒業式以来(6年ぶり)なので嬉しさ半分恥ずかしさ半分な気持ちでした。

とはいえ、手元に残るもので渡されるととても嬉しいですね!

この証書を研修期間中に用意してくれた河のことを思うと、余計にありがたく感じたことも事実です。

しかし、これだけでは終わらなかったのです。

高東さんへの修了証の授与が終わった後、河の手元にはもう一枚の紙があったのです。

なんと、高東さんへの内定通知書だったのです!!

Warisは創業から8年、新卒採用をしていなかったのですが、この福岡の地で新卒第一号が生まれたのでした。

私も研修中に高東さんからWarisへの熱い想いを聞いていたので、我がごとのように喜びました!

このように熱い想いを持った新卒が入ってくるのはとても素敵なことですよね。

私たちの勢いと情熱をもとに、共にWarisの将来を背負う人間になれたらと思います。

そして、私は高東さんが入ってくるまでに頼れる先輩にならなければという決意を、同時に抱いていたというお話でした。

以上、【新人社員研修in福岡】のレポートでした!

この研修で感じたことを要約すると
「Warisすげぇ」です。

語彙力がなくなります。

私が思うWarisの凄い点は、以下になります。

・本気で社会全体に対して影響力を持とうとしている会社である
・社内外問わず人への寄り添いを実践している会社である
・ビジョンに共感する経験豊富なメンバーが多くいることの安心感

上記で挙げた3点以外にも、Warisの魅力はありますが、この3点は日本の企業の中でも随一なものであるのではないかと思います!

そんな素敵なWarisとご縁があったことに感謝です。

今回の研修で学んだことを忘れず、早く戦力となれるように慢心せず邁進してまいります。

引き続きWarisをよろしくお願いいたします。