Service for Companies

働き方改革推進サービス

働き方改革推進をお考えの企業様へ

少子高齢化が進む日本社会において、昨今、多様な人材が活躍できる組織づくりに取り組む企業が増えています。
Warisは、これまで、時間短縮勤務、リモートワーク、週3日勤務など、多様な働き方を希望する人材を企業にご紹介し、人材の活用支援をしてきました。

「多様な人材を受け入れられる組織」―

言うは易しですが、実現にはいくつもの壁があります。
人材活用支援をする中で、私たちは、既存の組織にこれまでにない働き方を組み込むことの難しさを実感してきました。
一方で、多様な働き方を受け入れた結果、組織が活性化し、事業成長へとつながっていくケースも数多く見てきました。

様々な働き方が社会で受け入れられるようになり、今まで制約条件の中で働いてきた人々が、
自己の能力を最大限発揮し、活躍できる場を生み出していくことは、Warisの願いでもあります。

Warisは、様々な課題を抱える女性の働き方支援をしてきた立場から、
働き手の目線にたった働き方改革の支援をいたします。


多様な人材活躍推進コンサルティング

働く時間や場所に制限のある社員が活躍し、組織全体としてのパフォーマンスを向上させたい企業様に対して、業務プロセスの見直し、業務効率化および業務切り出しコンサルティングサービスを提供いたします。

こんなお困りごとにお応えします

  • 時短勤務社員が活躍できるポジションを増やしたい
  • 時短勤務社員を含むチームでの最適配置を行いたい
  • チーム全体の効率化を推進しパフォーマンスを上げたい

サービスの特徴

  • 企業のニーズヒアリングからスタートし、個別にカスタマイズしたコンサルティング
  • 働き手のリアルな声に触れてきた経験を活かしながら、単なる理想形の提示ではなく、実現性が高い形での提案

コンサルティングサービスの流れ

  • 1設計/プランニング

    プロジェクトの目的/スコープを明確にします

  • 2現状把握

    現在の課題などを把握します

  • 3業務分析/改善案抽出

    チーム/業務の現状について詳細分析を行います

  • 4改善実行支援

    改善策実施のための支援を行います

  • 5測定/浸透支援

    プラン実行による変化の測定と自走可能なPDCAプランを策定します

※1~5は一部のみも対応可能


リモートワーク導入コンサルティング

リモートワーク導入にあたっての業務プロセスの見直しを行い、滞りなく回る仕組み構築のサポートをします。

こんなお困りごとにお応えします

  • リモートワークを導入にあたってどのような課題があるか特定したい
  • リモートワークに適する業務、適さない業務の整理を行いたい
  • リモートワーク導入にあたって仕事のやり方をどう変えたらいいか知りたい

サービスの特徴

  • 企業のニーズヒアリングからスタートし、個別にカスタマイズしたコンサルティング
  • 提案して終わりではなく、自走できる組織を目指した併走型コンサルティング
  • 多くの人材をリモートワークで活用することを提案してきた知見を活かした現場感のあるコンサルティング
  • リモートワークツールの導入前提ではない、より中立的な立場でのコンサルティング

コンサルティングサービスの流れ

  • 1設計/プランニング

    プロジェクトの目的/スコープを明確にします

  • 2現状把握

    リモートワーク導入にあたっての課題を洗い出します

  • 3業務分析/フロー設計

    リモートワーク導入時に課題となる業務の特定と業務フロー設計

  • 4改善案抽出

    抽出された課題に対する改善案の提示

※1~4は一部のみも対応可能

担当コンサルタント紹介

矢野麻子

・ボストン・コンサルティング・グループにて、BPR(業務効率化)を含め、数々のコンサルティングに従事
・ルイ・ヴィトンにてディレクター等を歴任、子会社であるセリュックスではCOOを務め、事業構築、多様な部下のマネジメントを経験
・ルイ・ヴィトン退職後は、週2−3日 10−16時(ten to four)で働く女性達をスタッフにむかえ、コンサルティング事業を展開
・セミナーでは、事業構築やコンサルタントの経験から得た、現場で使える効率化ノウハウを提供している
・ダートマス大学 MBA取得 / 東証一部上場企業 社外取締役
・テントゥーフォー株式会社 代表取締役

浅倉亜美

・小規模の事業会社にて、経営層として事業構築、BPR、多様な部下のマネジメントを現場立脚で経験
・数社で新規事業立ち上げを責任者として経験し、現場とマネジメント両面からの事業設計、リソース配分に従事
・戦略コンサルティング会社にて、主に組織改革に参画
・時短勤務社員が活躍できるバックオフィスの業務設計を実施
・早稲田ビジネススクールにてMBA取得
・テントゥーフォー株式会社 ディレクター/コンサルタント

小崎亜依子

・国内シンクタンクにおいて、女性活躍支援を中心とする様々なプロジェクトを推進
・Warisにおいて、延べ100名以上の総合職女性の声に基づき、プロジェクト型ワーク推進を中心とする新たな働き方の提案を行う
・なでしこ銘柄など、ESG投資領域での10年近い経験から(日本証券アナリスト協会、企業価値分析における ESG 要因研究会委員を歴任)、投資家目線での働き方改革推進に強みを持つ
・慶應義塾大学総合政策学部卒業、ピッツバーグ大学公共政策国際関係大学院修了(公共政策マネジメント修士)
・テレワーク学会所属

「多様な人材活躍推進コンサルティング」および「リモートワーク導入コンサルティング」のサービスは株式会社テントゥーフォーとWarisの共同サービスとして提供いたします。

サービス一覧へ戻る