Case Study

サイボウズ株式会社

能力と覚悟があるから、働き方もブランクも問題にならない

キャリアママインターン実施 能力と覚悟があるから、働き方もブランクも問題にならない

Customer profile

サイボウズ株式会社
人事部マネジャー 松川 隆 様

  • Q. Warisに興味をお持ちいただいた理由を教えてください。
  •  当社の青野(代表取締役社長)をはじめ社内の者からWarisについて聞く機会が何度かあり、女性の人材にかなり特化されているという点に興味を持ちました。その後、具体的にどのような人材がいるのかを見せていただき、スキルや経験が魅力的であること、当社の製品特性とマッチすることもあり、採用してみたいと感じました。
     当社が手がけるグループウェアは、フレキシブルに働くための情報共有ツールですから、“働き方”というテーマと密接に関係しています。そのブランドを売り出していくのに、多様な働き方を求める人材が多く登録しているWarisと組むのは、ピタリとはまるのではないかと思ったのです。

  • Q. Warisのパートナー人材を採用いただいた感想をお聞かせください。
  •  みなさん専門性が高く、キャリアのある方ばかりなので、社内での評価も非常に高いです。両立のモヤモヤで以前の職場を辞めたという方が、いきいきと活躍されている姿を見ると、安心して仕事に取り組める環境を提供できているのかなと嬉しく思います。
     当社では、「時間軸」「場所軸」を基軸に、自分がどのような働き方をしたいのか自ら選択する制度が定着しています。評価においても、社員同士を比較するのではなく市場価値に合わせて一人ひとり決定するので、例えば働く時間が短い人の給料が必ずしも低いわけではありません。この制度は、働くことに対して自立した考えを持っていればいるほど、納得感のある制度です。ある意味、厳しい働き方でもありますが、このような考え方にもWarisの人材はフィットしやすいと感じています。

  • Q. ブランクのある元キャリア主婦を対象とした「キャリアママインターン」では5人の女性を受け入れてくださいました。
  •  昔は働いていたけれど今は専業主婦で、ものすごくエネルギーがあって、例えば子どもの行事などで手腕を発揮する人たちの存在を、私自身、生活の中で感じていました。彼女たちはふつうに仕事ができるだろうし、いい働きをするだろうな、と。でもブランクがあって、「ママをやっていました」と職務経歴書に書くわけにもいかないから、なかなか再就職ができない。また、大企業でキャリアを積んできたけれど働き方に悩んで辞めてしまう女性がいるといった話を耳にする機会もたびたびあり、もしブランクや働き方だけが問題で働けないのなら、ぜひサイボウズに来てほしいと思っていたのです。
     元キャリアなら、ブランクがあっても仕事のベースはありますから、新卒ほど教育の必要がありません。当社はIT企業ですが、この分野が未経験であっても、能力も覚悟もある人たちは、絶対にいい味を出せると確信しています。実際にインターンで採用した方の中にも、前職とはまったく異なる分野の部署で、ご自身のスキルと能力を存分に発揮してくださった方もいました。16年間のブランクがある方もいましたが、開始3日後には仕事の勘を取り戻していたようです。

  • Q. 今後Warisに期待することがあれば教えてください。
  •  キャリアママインターンは機会があればぜひ、今後もトライしてみたいですね。さらに、このインターン制度が、ママ限定・女性限定だけでなく、例えば異業種からのチャレンジであったり、年齢の高い人であったり、多様な人材に向けて広がっていくのもおもしろいのではないでしょうか。
     新しい働き方を創造するWarisとともに、当社も引き続き、さまざまな働き方や採用を模索し、社会的課題でもあるこのテーマに一石を投じていければと思っています。
    • サイボウズ株式会社
    • https://cybozu.co.jp/
    • ■設立/1997年8月
    • ■事業内容/グループウェアの開発、販売、運用
    • ■従業員数/516名 連結 371名 単体(2016年12月末現在)