• ブログ
  • 2019.04.26

札幌、そして北海道にフリーランスという働き方を広めていきたい~Waris札幌オフィス 新岡唯

niioka
みなさん、初めまして^^
Waris札幌オフィスの新岡唯です。

「え?!Warisに札幌オフィスなんてあるの?!」

と思われた方も多いと思います。

あるんです(笑)

今日はこの場をお借りして、
私の自己紹介と、今後やっていきたいことについて
お話をさせていただけたらと思います^^

私がWarisにジョインしたのは、
2018年の10月のことです。

2017年の3月に、保育園を探して
首都圏から札幌へ移住しました。
それまでは、ずっと東京の企業で
1社目は人材紹介の両面
(営業とキャリアコンサルタント)
2社目はシステムの会社で人事として
採用や育成などの、経営企画業務に
携わっていました。

北海道に移住してからも、
仕事を探したのですが
なかなか見つけることができず、
人事としてのキャリアを継続するために
個人事業主として、採用代行や新卒就活支援などを
してました。

その後、代行や支援ではなく、
一つの事業として、
フリーランスやパラレルの働き方を広めていこう。

そう思って活動をしていた中で、
やっぱり壁に何度も何度もぶち当たりました。

dsc_5737-2

「やっぱり一人じゃ限界だ。仲間が欲しい」

そう思ったタイミングで
Warisのメンバー募集をfacebookで見つけました。

「北海道だけど、ダメだったらダメって来るだろう。
とにかく連絡をしよう!!
行動しないで諦めるのが一番だめだ」

と思い、まさに「エイヤー!」で
問い合わせのメールを送ったのが
始まりでした。

そして、あれよあれよと言う間に
面談が決まり、
「あれ?北海道でもいいのかな?」

なんて思いながら、
共同代表の河とのオンライン面談の日

「遠隔のアシスタントは難しいよね」

やっぱりかーーーーい!
やっぱりなのかーーーい!

と画面越しにずっこけそうになりました笑

でも、私が何を考え今まで
個人事業主として活動をしてきたのか。
そして、これから先どうしていきたいのか。
と言うお話をした時、稚拙な私の話にも全力で
「いいじゃん。めっちゃいいじゃん。」と
河は、相槌を打って聞いてくれました。

「今の私には、この人が必要だ」
と、その時強く思ったのを覚えています。

でも、社員としての採用はNGだし、
どうしたものか。
なんて考えながら面談が終わりかけた頃
河から、
『新規事業で、パートナーシップ組んでやってみる?』

と願ってもいない話が。

『やります!ぜひ!お願いします!』と、
即答し、今の契約形態に至りました。

img_2015

それからの私は、WarisのWaris札幌オフィスとして、
北海道、東北地区での活動をさせてもらいながら、
自分の事業で、札幌市のビジネスコンテストに出場し、
オーディエンス賞をいただいたり、、、
今年2月に法人登記したりと、目まぐるしく日々を過ごしています。

 

想像以上に大変な札幌でのビジネス系フリーランス営業

sapporo
なんて、話をすると
「うまく行ってるんだな」なんて
うっすらと思われがちですが、
まったくもって、そんなことはなく。

とても厳しい日々を過ごしています(苦笑)

何が難しいか。

一番は、「ビジネス系フリーランス」という
働き方を知ってもらうことです。
ビジネス系フリーランスとは人事や広報、
マーケティングなどの文系総合職といわれる職種でのフリーランスのことです。

地方でのビジネス系フリーランスや業務委託契約は
世界的に見ても、ものすごく遅れています。

『打ち合わせをして、課題から案件を作る』

なんて、ものは夢のまた夢

なぜ今、ビジネス系フリーランスなのか、
業務委託契約のメリットは何なのか
という、そもそもの話すら
話す機会を得られません。

それでも、中小企業が多い地方だからこそ
ビジネス系フリーランスや業務委託を
積極的に採用していくべきだ。

私はそう思っています。

経済スピードを中心地と同じ
もしくはそれよりも進めるためには
経済の中心地で働いている、
もしくは、働いていた経験がある、
優秀な人の知識、そして経験が
地方や組織が更なる進化を試みる上で、
必要なパワーになるからです。

そして、地方でフリーランスの
働き方が広まることで、
『自分のやりたい仕事がない』と
諦めていた人たちに、Live Your Lifeする場を
提供することができる。

私はそう思って日々、業務をしています。

めげそうになる事も多いですが、
そんな時は、1on1の相手である河や、
Warisメンバーに、メッセージを送り
励ましてもらったり、引き上げてもらったり
新規事業の壁打ちやブラッシュアップを
してもらっています。

共同代表の河のことを「京子さん」と呼んでいますが、
京子さんと私は、北海道と福岡、
ほかのメンバーとは、北海道と東京。
史夏さん(共同代表の一人)に関しては、北海道とベトナム(笑)
でやりとりをしています。

距離はものすごく離れてるし
京子さん以外とは一度も直接会ったことがありません(笑)
※もちろんweb会議で顔は合わせてますが…

それでも一人じゃない、私には仲間がいる。
と、思い行動を続けられるのは、

同じビジョンを描き、全力で応援してくれ、
どんな時でも暖かく受け入れてくれる
Warisのみんながいるからです。

本当にWarisのメンバーになれて
良かった。と思うと同時に
メンバーにさせてくれた代表には
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

 

目指すは、『北海道のフリーランス事情は新岡に聞け』と言われること

911

やりたいこと、目指すものはいっぱいあります(笑)

『地方だから』と諦めるのではなく
『地方だからこそ』できることがあると
多くの人が思えるような機会を作りたいし、

フリーランサーやパラレルワーカーだけじゃなく
その家族も笑顔になれるような仕組みも作りたい。

でも、一番は、
『北海道でビジネス系フリーランスや
パラレルワークのことなら新岡に聞け。』

と言われる日を、3年以内に作ることですかね(笑)

『どんなライフイベントが起きても
自分、仕事、家族のどれかではなく
全てを大切にできる生き方を』

という私のコアの考え方を胸に
邁進していきます♪

読んでいただき、ありがとうございました。


▼北海道の新岡に仕事を頼みたい企業のお客様
お問い合わせはコチラ

▼Warisへ会員登録を希望する個人のお客様
パートナー登録はコチラ
フリーランスのお仕事検索はコチラ