News

ニュース

  • プレスリリース
  • 2018.08.24

Waris、東京都の情報サービス業界向け 「団体別採用力スパイラルアップ事業」を受託

【プレスリリース】

フリーランス女性と企業とのマッチング事業「Warisプロフェッショナル」と女性のための再就職支援事業「Warisワークアゲイン」を通じ、多様な生き方・働き方を創出する株式会社Waris(所在地:東京都港区、代表取締役:米倉 史夏、田中 美和、河 京子、以下Waris)は、一般社団法人東京都情報産業協会(以下IIT)、及びアデコ株式会社(以下アデコ)とコンソーシアムを組織し、公益財団法人東京しごと財団より、東京都の情報サービス業界の中小企業を対象とした「団体別採用力スパイラルアップ事業」を受託しました。

雇用情勢が改善する一方で、人材の確保は中小企業が事業の継続と活性化を図るにあたっての大きな課題となってきています。同事業はこういった課題を抱える企業に対し、業界に精通している団体を通じて、中小企業の「働き方改革」と「女性の活躍推進」を図り人材確保を支援する事業です。WarisはIIT、アデコとともに業界独自の課題を抽出して、課題解決のためのセミナーやコンサルティング等の支援メニューを決定した上で、各種支援を無料で提供します。

私たちWarisは、これまで事業を通じて女性たちの自由で多様な働き方実現を支援してまいりました。今後ともサービスの提供を通じ培ってきた人材活用に関するノウハウを最大限に活かし、地域企業の業績向上に貢献するとともに、変化する環境の中でも誰もが自分の能力を生かしてイキイキと働き続けることのできる社会の実現を目指してまいります。

 

■東京都の情報産業業界向け「団体別採用力スパイラルアップ事業」概要

支援対象: 東京都内に本社又は主たる事業所が所在し、常時雇用する従業員が300人以下または資本金が3億円以下の企業
支援期間
 <一次支援> 実態調査・課題抽出、支援メニューの決定、支援先企業の選定
 2018年8月~2018年11月
 <二次支援> 各種支援メニューの実施
 ※二次支援の詳細については、一次支援での実態調査・課題抽出を踏まえて決定
  2019年2月~2020年3月(予定)
支援規模:25社程度
支援の流れ
1)業界内企業へアンケート調査等による実態調査・課題抽出
2)支援メニューの決定
3)支援先企業の選定
4)支援の実施
5)事業効果の検証
6)業界への波及
支援先企業の募集について:事業概要サイト(consortium.waris.jp)にて受付

▼本プレスリリースPDFはこちらからご覧ください
info.waris.co.jp/newsrelease_consortium


 

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社 Waris 広報担当:西原
TEL:03-5730-0777 FAX:050-3737-1737
Mail:info@waris.co.jp