「収入証明書」って何? フリーランスのための書類作成・手続きガイド

契約書、見積書、請求書、スケジュール管理表…

ビジネスでは、常にさまざまな書類が必要になります。会社員なら、専門の部署に頼んだり、会社のフォーマットに数字を入力するだけで済んだ書類作成業務も、フリーランスになると、基本的に自分自身で行わなければなりません。

そうは言っても、一から書式を作るのは大変! そんな時間もない! という多忙なフリーランス女性のために、日々の業務に役立つ書類のフォーマットや、知っていると便利なサイトの情報をまとめてご紹介します。

ビジネス系フリーランスのお仕事紹介!簡単登録(約60秒)


「請求書」「見積書」などの作成に使えるフリーフォーマット

会社員時代、きちんと働いてさえいれば、お給料は勝手に振り込まれるもの…と思っていた方も多いのではないでしょうか。でも、フリーランスの場合は違います!

業務委託という形式で働く場合は、クライアントと「業務委託契約書」を取り交わし、報酬の「見積書」を発行し、仕事を終えたら「請求書」を送ることで、初めて報酬を手にすることができるのです。

「書類に何を書いたらいいか分からない」「フォーマットを作るのが面倒」という方は、フリーフォーマットが公開されている以下のようなサイトで、必要な書式をダウンロードして使うと便利です。

・bizocean(ビズオーシャン)
https://www.bizocean.jp/

・みんなのExcelテンプレート
http://all-excel.net/

請求書送付も代行してくれる便利なクラウドサービス

フリーランスとして経験を積み、複数企業の仕事を同時に請け負うようになると、月末の請求書発行業務にかかる時間も増えていきます。

1通ずつ印刷し、宛名を書き、封をして切手を貼り、ポストに投函…という一連の流れが煩雑に感じられることもあるでしょう。

そんなときにおすすめしたいのが、必要事項を入力するだけで、請求書の作成から送付作業までを代行してくれるクラウドサービスです。

送付代行は有料オプションですが、請求書を作るだけなら無料というサービスもあるので、ぜひ活用して時間を有効に使いましょう。

・Misoca
https://www.misoca.jp/

・MFクラウド請求書
https://invoice.moneyforward.com/

2687

実践で役立つ!総合職系フリーランスのためのフォーマット

企業と契約を結び、いよいよ具体的な業務がスタート。プロのフリーランスとして確実な成果を挙げるには、クライアントと目標を共有し、プロジェクトの進行をしっかり管理する必要が出てきます。

多くの企業とフリーランス女性をつないできた私たちの経験を基に、実践で役立つスライドやスケジュール管理のためのフォーマットを用意しました。

すべて無料ですので、ぜひダウンロードしてご活用ください!

・プロジェクトの目標、成果などを企業と共有するためのスコープ設定シート
/scope.pptx

特に事務系フリーランスの場合、納品物がなかったり、成果を数値で表しづらかったりします。そのため、プロジェクトのスコープや成果をどのように設定するか、業務をスタートする前にクライアントと合意しておくことが、その後の提案やリピート受注に向けて、とても重要になってきます。

・プロジェクトのスケジュール・タスク管理表
/schedulesheet.xlsx

・タイムシートと経費申請書
/timesheet.xlsx

前述の「bizocean」でも、提案書や事業計画書などのフォーマットを無料でダウンロードすることができます。

不動産契約やローンを組むときに必要な「収入証明書」って?

フリーランスとして働き始めると、仕事以外の場面でも、収入や仕事の状況を書類で証明する機会が多くなります。

よくお問い合わせをいただくものに、マンションを借りるときや、ローン契約をする際に求められる「収入証明書(所得証明書)」があります。と言っても、実は「収入証明書」という名前の書類はありません。

市区町村の窓口で発行される「住民税課税証明書」や「住民税納税証明書」、税務署で請求できる所得税の「納税証明書」など、前年にどれくらいの収入があったかを証明する書類を総称して、「収入証明書」と呼んでいます。

具体的にどの書類が必要なのか、不動産会社や金融機関によく確認し、余裕を持って準備しましょう。

「就労証明書」って何? 自分で書いていいの?

フリーランスの方が子どもを保育園に預けて働く場合には、「就労証明書」の提出を求められます。

開業届を提出していれば、フリーランスは「個人事業主」の扱いになるので、会社員の場合は会社に書いてもらうこの書類も、自分自身で記入することになります。

個人事業主が認可保育園入園の申請をする場合、就労証明書に加え、1週間の仕事のスケジュールなどを記入する書類の提出を求められる自治体が多いようです。

信頼されるフリーランスとして活躍し続けるには、必要な事務手続きを、迅速かつ効率的にこなしていくことも大切です。ご紹介したフォーマットやクラウドサービスも上手に活用し、企業との契約や各種申請時に慌てないよう、あらかじめフォーマットやチェックリストを用意するなど、日ごろから心構えをしておきましょう!

文/ライター 髙橋実帆子


▼ビジネス系フリーランスのお仕事紹介:Warisプロフェッショナル
パートナー登録はコチラ
フリーランスのお仕事検索はコチラ

▼Warisプロフェッショナルに仕事を頼みたい企業のお客様
人材検索はコチラ