News

ニュース

  • プレスリリース
  • 2016.02.09

経済産業省による「グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム」に参加企業としてWarisが採択されました!

株式会社Waris(ワリス/東京都港区/代表取締役 米倉史夏・田中美和・河 京子)は、このたび経済産業省による「グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム」に参加企業として採択されました。

本プログラムは、中小・ベンチャー企業の経営者を支援する目的のもので、事業をグローバルの視点から磨くと同時に、世界展開の知見とネットワークを獲得する機会を提供するため、イノベーション先端地域であるアメリカの西海岸(サンフランシスコ、ロサンゼルス周辺)や東海岸(ニューヨーク、ボストン周辺)、テキサス州オースティンに派遣するという内容です。全国から43社の応募があり、選考を経て今回は18社が当該エリアへ派遣されます。

 今回、3月6日から13日まで1週間の予定で、Waris共同代表の田中が他の採択企業の皆様とともに米国東海岸を訪問するプログラムに参加いたします。主にニューヨーク、ボストンの2都市を訪問し、現地の経営者・投資家等と交流を深めるほか、大学等の訪問も予定されております。本プログラムで得た知見とネットワークをさらなる事業成長、今後のサービス展開へつなげてまいります。

■グローバル起業家等育成事業の概要
目的:中小・ベンチャー企業の経営者の育成。プログラム参加を通じ、事業をグローバルの視点から磨くと同時に、世界展開の知見とネットワークを獲得する機会を得る。
担当:経済産業省 経済産業政策局新規産業室 
時期・内容:①西海岸コース3/6~3/13@サンフランシスコ、ロサンゼルス②東海岸コース3/6~3/13@ニューヨーク、ボストン③サウスバイサウスウェストコース3/11~3/18@テキサス州オースティンの3コースがある。

Warisが参加する②東海岸コースでは、スタートアップ創出や起業家教育などで著名な大学等を訪問し、イノベーションの手法を学ぶ。また、インキュベーション施設等を視察し、入居するスタートアップ企業等との交流によって、東海岸ならではの起業マインドを体験し、世界でのビジネス展開の知見とネットワークを得ることを目指す。

■派遣企業の決定プロセスについて
「平成27年度グローバル起業家等育成事業米国派遣プログラム」には、全国から43社の応募があり、外部有識者、運営事務局、経済産業省からなる審査委員会において、事業プランの革新性や各コースとの親和性等を審査した結果、派遣メンバー18社を決定した。

本プレスリリースのPDFファイル

【お問い合わせ】
株式会社Waris 田中・黒川 
info@waris.co.jp 03-5730-0777/070-5596-4199(黒川)

Waris