フリーランスの悩み・不安を解消!フリーランス女性向けキャリア相談サービス「Warisキャリアエール」

Warisでは新たに、“フリーランス×女性”のためのキャリア伴走サービス 「Warisキャリアエール」の提供を開始しました。

p1060570

[ プレスリリース ] “フリーランス×女性”のためのキャリア伴走サービス 「Warisキャリアエール」スタート

本サービス企画のプロジェクトメンバーである、キャリアカウンセラーの釜鳴と、リクルーティングコンサルタントの森にサービスの背景や狙いをインタビューしました。

フリーランスという働き方を選んだ、女性の悩みや課題にもっとよりそうために

ーーー新サービスを提供した背景や狙いについて教えてください。

釜鳴:Warisでは創業以来、2,000人以上の女性からのキャリア相談を受けてきました。女性特有のライフイベントとキャリアの両立に関する悩みや、フリーランスという働き方に関する多くの相談を受けてきている中で、自然とノウハウもたまってきており、これらの内容をもっと多くの方々に知っていただきたいよね、ということは、実はキャリアカウンセラーのチームの中でずっと話していたことでした。

ここ数年でフリーランスという働き方の認知度があがり、フリーランスを志す方が劇的に増えてきた一方で、フリーランスとして働き続けるための難しさや厳しさに直面する人も増えています。それらの現実を理解している私たちだからこそ、単にフリーランスという働き方を勧めるだけではなく、フリーランスを選択をした人たちに、もっとよりそったサービスが提供できるはず、と考えてサービスの企画をはじめました。

p1060529

また、「フリーランスのためのキャリア相談」の前進サービスである「Warisキャリアセッション」では2019年2月のリニューアル後、予約が5倍になっており、仕事紹介とは切り分けた有償のキャリア相談サービスに対するニーズの高まりを感じたことも大きな要因になりましたね。

女性と企業、2つの立場を深く理解しつつも、仕事紹介はあえて行わない

ーーー新サービスの特徴について教えてください。

釜鳴:大きくわけて3つあります。1つめは「フリーランス女性の悩みや課題を熟知していること」です。

先ほどもお話しした通り、創業以来多くの女性のキャリア相談を受けてきている中で、どのような悩みを抱えていて、それをどう解決していけばいいのか、というケースをたくさん見てきました。

中にはフリーランスへの転向を希望する方に対して、もう少し会社員として経験を積んだ方がよいというアドバイスをしたこともありますし、育児や介護等の事情を抱える中で、フリーランスとしてどう成果をだせばよいかを一緒に考えたことも多々あります。

これらを通して、女性の悩みのポイントや、課題を解決するための手段に関する多くのノウハウが蓄積されていることが大きな特徴です。

森:2つめは「企業側のニーズや最新のフリーランスの市場動向を熟知していること」です。

私は普段はリクルーティングコンサルタントとして企業の方々のご相談にのる業務を行っているのですが、それらを通じて、実際に企業がどのようなスキルや経験をもつ人を求めているのかをはじめとして、フリーランス市場の最新動向を常に把握しています。

一般的な有償キャリア相談サービスとは違って、「Warisプロフェッショナル」というお仕事のマッチングサービスを自社で行っていることで、仕事を発注する側の企業の事情やマーケットの動向を踏まえた、具体的なアドバイスができるのが私たちの強みだと考えています。

p1060521

そして、3つめは「客観的な立場でサポートするため、仕事紹介は行わない」ということ。

これが「Warisプロフェッショナル」との大きな違いだと考えています。「Warisプロフェッショナル」に限らず、一般的なお仕事紹介サービスでは、求職者と企業の条件をすりあわせてマッチングを行うという性質上、100%求職者のご要望に沿うことは難しい場面も正直あります。

一方、「Warisキャリアエール」では、自社の案件を紹介しないというスタンスをとることで、今後のキャリアの全体戦略や、ライフイベントを含めた具体的な悩み相談などを含め、100%女性の立場に寄り添って客観的なアドバイスを行うことができるというのが大きなポイントですね。

「Warisキャリアエール」をご利用いただいた後、他の人材エージェントをご利用いただいたり、ご自身でお仕事を探されたりしても、もちろん問題ありませんが、具体的なお仕事紹介を希望される場合は「Warisプロフェッショナル」を、フリーランスとしての広範囲なキャリア相談やアドバイスを希望される場合は「Warisキャリアエール」を、というように使い分けていただけるとうれしいです!

フリーランスとしてのキャリアステージにあわせた3つの商品

ーーー具体的にどんなサービスなのですか?

釜鳴:それぞれのキャリアのステージにあわせて3つの商品の提供しています。1つめは「フリーランスのためのキャリア相談」です。

これまで「Warisキャリアセッション」として提供してきたものをリニューアルしたものです。現在会社員で、これからフリーランスや副業・パラレルキャリアに挑戦したい方向けの「会社員向けコース」とフリーランスとしてさらに活躍したい方向けの「フリーランスコース」の2つのコースがあります。

「Warisキャリアエール」の中ではエントリ商品という位置づけをしており、「フリーランスに興味あるんだけど実際どうなの?」「フリーランスになってみたものの、モヤモヤしているのでとりあえず相談したい」という方にぴったりな商品です。

森:2つめは「フリーランスのための仕事獲得講座」です。

フリーランスにとって一番の障壁である、仕事獲得に関するノウハウ全般をお伝えするとともに個別の立場にあわせてお悩み相談にのるサービスです。

正社員での転職との違いや、フリーランスならではの交渉術、面談のポイントなど、最新の市場動向や企業の本音をふまえて、Warisならではの実践的なノウハウとしてお伝えする3回のオンライン講座です。

基本的には、既にフリーランスとして活動されている方向けに商品設計してありますが、これからフリーランスへの転向を考えている方でも、事前の知識として知っておいていただくことで、スムースなフリーランス転向が期待できるような内容になっています。

3つめは「フリーランスのための3ヶ月伴走プログラム」です。

既にフリーランスとして一定期間以上活躍している方を対象にした3ヶ月間の伴走プログラムで、オンラインまたはオフライン面談、メールのやり取りも交え、中長期的な視点でキャリア構築をお手伝いするものです。

個別のキャリアの課題を設定した上で、1on1で一定期間伴走することで、その人らしいキャリアの道筋を見出すためのサポートをします。

3商品ともオンラインで受講できますので、地方や海外在住の方、現職であまり時間がとれない方でもご利用いただける内容になっています。女性の立場に100%よりそいつつ、これまでのWarisのノウハウを十分に活かした内容となっていますので、それぞれのキャリアの状況や悩みにあわせてご利用いただけます。

cy

フリーランス転向を迷っている会社員から中堅・ベテランのフリーランスまで

ーーーどんな方に利用していただきたいですか?

釜鳴:既にフリーランスとしてスタートされている方はもとより、「フリーランス」という働き方に興味はあるものの、実際どうなのか?自分にもできるのか?など迷っている会社員の方にもご利用いただきたいと思ってます。フリーランスの現状を知っている私たちだからこそ、その方の状況によっては、もう少し会社員としてキャリアを積んでからフリーランス転向を検討した方がよいという冷静なアドバイスもできますし、既に十分なスキルがある方に対しては、抱えている不安や悩みを丁寧にお伺いしつつ、最初の一歩を踏み出すためのサポートも行うことができます。

森:中堅やベテランフリーランスの方にも、ぜひご利用いただきたいですね。フリーランス歴が長い方でも、継続的に仕事を獲得していく上での悩みや、次のキャリアに向けた迷いなどを抱える時期が必ずでてきます。定期的に自分の評価やキャリア面談をしてくれる上司がいる会社員と違って、フリーランスのキャリアは良くも悪くも自分次第。そんなフリーランスの相談相手、壁打ち相手として、このサービスで伴走していけたらと思っています!

Warisキャリアエールにどうぞご期待ください!


Warisキャリアエール
https://careeryell.waris.jp/

※サービス開始記念キャンペーンで最大3,000円割引!(~2020/1/15)
詳しくはこちら