ECサイトの運営代行・コンサルには業務委託のフリーランスがおすすめ!

日本国内のEC市場は過去5年で1.5倍に拡大し、2019年には年間10兆円(BtoCの物販分野)を越え、EC市場はますます成長を続けています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、飲食やアパレル業界をはじめとして、EC事業へ本格参入や新規取り組みを行う企業も、今後さらに増加すると予想されています。

ECサイトの運営代行やECに関するコンサルティングサービスの分野では、様々な業務代行・業務委託サービスがありますが、大企業の副業解禁やフリーランス人口が増加する中で、いま注目が高まっている「フリーランス」にECサイトの運営代行、コンサルを委託する企業が増えています。

登録者1万人以上「Warisプロフェッショナル」のECサイト運営代行・コンサルのプロ人材(人材検索)はコチラから


▼目次
1  ECサイト運営代行やコンサルの業務委託サービスってどんなことができるの?

2 ECサイト運営代行・コンサルのフリーランスとは?

3 ECサイトの運営代行やコンサル業務にフリーランスをおすすめする3つのメリット
3-1 戦略から実務まで!ECサイトの運営代行やコンサルの経験豊富な現役ミドル人材
3-2 「タスク型」ではなく「ミッション型」や「プロジェクト型」でもECサイト運営代行やコンサル業務を委託できる
3-3 年収1000万クラスのECサイトの運営代行やコンサル人材を月20~30万円で活用可能

4 ECサイト×フリーランスの業務委託事例
4-1 ハンモックの輸入販売会社でのWebマーケター
4-2 NPO団体でのWeb広告運用業務

5 まとめ


1 ECサイトの運営代行・コンサルの業務委託サービスってどんなことができるの?

ECサイトの構築・制作やコンサル

ひと口にECサイトの仕事といっても、企業の規模や商品分野によって様々です。

大きく分けて、商品の仕入/発送業務やサイト内の画像加工、顧客の問い合わせ対応等を中心とした「タスク型」の業務と、SEOや広告等による集客企画、コンバーション率の改善、商品構成見直しなどの「ミッション型」の業務、そしてサイトリニューアルや在庫管理や物流を含めたオペレーション改善などの「プロジェクト型」に分けられます。

大規模なECサイトを運営する企業では業務内容毎に部門がわかれていることが多く、各部門の中で、担当者毎に「タスク型」の業務を割り振りつつ、リーダーやマネージャーを中心に複数メンバーで「ミッション型」の業務を担い、「プロジェクト型」の業務については部門横断で臨時のプロジェクトチームを立ち上げることが多いようです。

いっぽうで、ECサイトを立ち上げたばかりの中小やベンチャー企業では、ひとりの担当者が「タスク型」、「ミッション型」、「プロジェクト型」の業務全てを行うといったことも珍しくありません。

商品仕入からサイト運営、商品発送まで1人の担当者が全ての業務を担っているケースもあり、幅広い知識と柔軟な対応が求められることもあります。

これらの業務の一部、もしくは全部を外部にお任せしたい時に活用されるのが、ECサイトの運営代行やコンサル業務の業務代行やクラウドソーシングをはじめとした業務委託サービス。

正社員での人員補充ができない場合や、専門的な知識をもった人が社内にいない場合などに幅広く活用されています。

2 ECサイト運営代行・コンサルのフリーランスとは?

フリーランスと聞くと、エンジニアやプログラマーなどのIT系職種か、ライター・デザイナーなどのクリエイティブ系職種のイメージを持つ方が多いですよね。

ですが、政府や企業主導の副業・パラレルキャリア促進の動きの中で、これら以外の職種領域でもフリーランスとして活躍する人々は増えています。

特に、マーケティング・広報・人事・経理・財務や事業開発等の領域で活躍するフリーランスは「ビジネス系フリーランス」と呼ばれ、事業成長の観点から、企業にとっては力強い存在となっています。

ビジネス系フリーランス出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

3 ECサイトの運営代行やコンサル業務をフリーランスに委託する3つのメリット

では、一般的なECサイトの運営代行やコンサルを、業務代行サービスではなく「フリーランス」に委託する具体的なメリットを見ていきましょう。

3-1 戦略から実務まで!ECサイトの運営代行やコンサルの経験豊富な現役ミドル人材

フリーランスは大手企業で10年前後のECサイトの構築・運営代行の経験があり、オペレーションに関する専門スキルをもった30~40代の現役ミドル世代の人材が多く活躍しています。

Warisプロフェッショナルのようなマッチングサービスでは、事前に面談を行い、独自の評価シート等により、登録している方のECサイトの運営代行、オペレーション分野での経験や専門性を正確に把握していることが多く、「自走性」と「確動性」を兼ね備えたフリーランスと出会うことができます。

フリーランスとして活躍されている方は「非定型業務」の経験を豊富に有しているため、細かい指図や管理をせずとも、高度な非定型業務をおまかせしたいシーンに向いています。

また、一般的な顧問サービスとも違い、戦略や方向性に関してのアドバイスを行うだけでなく、実際の実務までお願いすることができるのも大きな特徴です。

3-2 「タスク型」ではなく「ミッション型」や「プロジェクト型」でECサイトの運営代行やコンサル業務を委託できる

「SEOやSNS運用、各種広告出稿なども含めて人手がたりてないけど、細切れで頼む方が面倒くさい!」

「物流と在庫管理に課題があるのはわかっているのだが、関連部署との調整も含めてまるっと改善プランを考えてほしい」

「社長からECサイトを立ち上げろっていわれたけど、経験もないし何から手を付けていいかわからない!」

こんなことを感じている方は多いのではないでしょうか?

ECサイトの運営代行やコンサル業務の一部の「タスク型」業務を委託できるサービスは、クラウドソーシングをはじめとして多数ありますが、それらを使いこなすためにはそれなりの時間と労力が必要です。

そのいっぽうで、フリーランスは多くの業務経験と知識を持っているため、業務を細かなタスクまで切り分ずとも「ミッション型」や「プロジェクト型」で幅広く業務を委託することができます。

例えば、中小企業でのはじめてのECサイトの立ち上げや、中堅ECサイト運営企業での倉庫移転を含めたオペレーション業務改善、などが「プロジェクト型」のわかりやすい事例かもしれません。

また、単なるアドバイスだけでなく、実際のECサイトの構築・制作やオペレーションの実務もこなせるミドル人材が多いため、「ミッション型」業務をメインにお願いしつつ、一部の「タスク型」業務もあわせて委託することで、より効率的な業務のアウトソースを行うことも可能です。

3-3 年収1000万クラスのECサイトの運営代行やコンサル人材を月20~30万円で活用可能

フリーランスとの契約は業務委託契約が一般的となりますので、社会保険等の費用負担がなく、必要な時に必要なだけ業務を委託することが可能です。

このため、本来固定費であるはずの人件費を変動費にすることができるが大きな特徴です。

そのため、企業によっては人事部の予算(人件費)ではなく、プロジェクトや事業部門の予算(外注費)で決裁をとるケースもあるようです。

フリーランス人材は正社員時代に600万円~1,500万円程度の年収を得ていた層が中心となりますが、業務や稼働時間を限定的にすることで、月額20~30万円程度(週2~3日/1日7時間稼働を想定)から業務を委託することもできます。

双方の合意に応じて、業務内容や契約期間を柔軟に調整することができるため、「週1回は出社して社内の各部門との打ち合わせ、細かいすり合わせを中心に稼働し、残り2日はリモート勤務で顧客コンタクトなどの実務をする」ような働き方の相談もできます。

さらに「プロジェクト」が終了した段階で一旦契約を終了したり、そのまま正社員になっていただくことも可能です。

登録者1万人以上「Warisプロフェッショナル」のECサイト運営代行・コンサルのプロ人材(人材検索)はコチラから

4 ECサイトの運営代行やコンサル×フリーランスの業務委託事例

ECサイトの構築・制作やコンサル

フリーランス女性と企業のマッチングサービス「Warisプロフェッショナル」でECサイト領域でフリーランスに業務委託した事例をご紹介します。

4-1 ハンモックの輸入販売会社でのWebマーケター

■企業

ハンモックの輸入販売をメインにした企業

■フリーランス人材

40代 女性

システム開発会社ではWEBデザイン、広告代理店とWEB制作会社ではWEBディレクターとして企画立案・制作進行管理などを経験した後、2007年以降は外資系化粧品メーカー3社にて通算10年に渡り、オンラインマーケティングに従事。公式サイトリニューアル、公式オンラインショップ・スマートフォンサイトの立ち上げ、およびサイト運営・プロモーション、キャンペーンサイト構築、タイアップ企画、イベント、SNS施策、ベンダーマネジメントなどを担当。2017年よりフリーランスとして独立し、オンラインマーケティングのコンサルティング業務に従事されています。

■業務内容

・ECサイト運営全般(自社サイト、楽天市場、Amazon、Yahooショッピング)
・販売戦略 など

■マッチングの概要

・業務委託契約
・月50時間程度
・契約期間:3ヶ月~

■マッチングのポイント

コロナ禍で家で過ごしたりアウトドアを楽しむ方が増えたことも影響し、ハンモックの売上が伸びているB社様。問い合わせや注文が殺到しメディアからの取材も増えており、すぐにご活躍頂けるECサイト運営・マーケティングのプロの方をお探しでした。まだ小規模人数なベンチャーということもあり、周りとの連携をうまく取れ、若手社員の育成もできるポテンシャルのある方ということで、何名かお会い頂いた中で、Hさんのご経験とお人柄を評価頂き、ご契約から1か月弱でマッチングすることができました。

4-2 NPO団体でのWeb広告運用業務

■企業

途上国の衛生管理支援を行うNPO団体

■ビジネス系フリーランス人材

30代 女性

主に、自社ECサイトの広告・集客・マーケティングに通算10年のキャリアを持つ。1社目にてBtoBノベルティサイトの運用全般を経た後、2社目にて、BtoC化粧品・健康食品サイトのアフェリエイト広告をメインに担当。直近では、BtoCお取り寄せサイトのプロモーションリーダーとして、広告運用、SNS運用、分析全般、ブログ投稿、簡易バナー作成、SEO施策、DM・キャンペーン企画、イベント出展などに従事。各SNSの導入から記事執筆・運用までの一連業務、およびアフェリエイト・リスティング広告運用を得意とされています。

■業務内容

・団体が運営しているSNS広告、ディスプレイ広告、リスティング等の広告運用
・ランディングページの制作
・バナーの管理
・寄付フォームの改善

■マッチングの概要

・業務委託契約
・1日2~3時間/月60時間程度
・リモートワークOK
・契約期間:3ヶ月~

■マッチングのポイント

過去、これまでもWebマーケティング戦略立案部分で、Waris人材を活用いただいていて、さらにこれからはより実装部分でWeb広告に力を入れていくフェーズに移行されようとしていました。そこで、よりWeb広告運用や運用後のGoogle Analytics分析からのさらなる改善をしていくことにお強みをお持ちなIさんをご紹介し、マッチングとなりました。

5 まとめ

どのようなバックグラウンドをもった人材を、どのような業務で活用できるのか、具体的なイメージはわきましたでしょうか?

大企業の副業解禁で注目が高まっている「フリーランス」。

ECサイトの運営代行やコンサル業務を外部に委託する際に、フリーランスを活用することで、経験豊富な現役ミドル人材に、「タスク型」ではなく「ミッション型」や「プロジェクト型」で、20~30万円/月で業務をお願いすることが可能になります。

事例でもご紹介したように、ECサイトの構築・制作はもとより、日々の運営やオペレーション改善に関する業務をお任せするケースもあります。

ECサイトの運営代行やコンサルに課題を抱える企業は、活用を検討してみてはいかがでしょうか?

登録者1万人以上「Warisプロフェッショナル」のECサイト運営代行・コンサルのプロ人材(人材検索)はコチラから


▼企業のご担当者向け

登録者1万人以上「Warisプロフェッショナル」のECサイトの運営代行・コンサル人事のプロ人材(人材検索)

▼ECサイトの運営代行やコンサルのフリーランス人材向け

フリーランス女性と企業のマッチングサービス「Warisプロフェッショナル」へパートナー登録する